chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

生きるということ

7月に入り、いかがお過ごしでしょうか。

いろんなことがありますね。
そう、言葉する、している、私自身(笑)の言葉とも(笑)とれます(笑)。
そう、自分の言葉して「いる」発することこそ、
自身の「なか」に含まれて「いる」こと
「状態」とも、私自身、とらえて「いた」りします。(笑)

よく自分の言葉を行動を、音声多重放送で(笑)テレビで
見るように、聞くように、見てゆきますと、
自分を微調整や、あらたに取り組むことなどの行動が、
わかってきたりします。一次感情と二次感情(笑)という
側面からも見てとれることがあったりします(笑)。

また、からだからのサインを頂戴「する」こと。
また、状況から。まわりから。といった
教わることが、たくさん「在ります。」

 

そのようななか、お題にもあげました「生きるということ」

はてさて、とてつもないおおきなお題であります。(笑)
しかし、わたしのなかで、とても愛すべき「こと」「もの」で
在ります。

生かされてゆくこと。
生かされていること。そして、
生きてゆけること。
生きていること。

をあらためて、自身を通し、骨の髄までこの過程を
深~く愛してやまない(笑)ことでも在ります。

生きてゆけることに深く感謝いたします。そして、
あらゆるすべてのところにも深く感謝をいたします。

 

 

chiemitabi

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 chiemitabi

Scroll Up