chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

いろんなものが、ことが、紐解かれゆく

いかがお過ごしでしたでしょうか。

わたくしは、このたび(1、2週間?程でしょうか(笑)
これまで(笑)取り組んできたこともあるでしょうか(笑))
時間旅行を旅して「いた」ように思います。
いたように、と言葉しておりますが、
「いま」の瞬間に言葉しておりますので、こうした表現にも
なろうことかと思います。(笑)

 

1日24時間という地球での時間軸のなかで捉えた
捉えられた枠組みのなかで、さまざまな
時間旅行や、経験や、場面や、ことや、ものや、
人や、時間を旅をしていたように、しているように(笑)思います。

今後も、自分自身のからだとともに(笑)。

そうした方もいらす、いらしたかもしれません。今後も。

 

そうしたなか、本来の自分自身を知ってゆく旅を
歩ませていただいて「きた」「いる」「いく」ように思います。

いろんなものに、はむかい(笑)?そうしたなかには、さまざまな
模様や意味あいがあったり(笑)するのですが(笑)
奥底の本来の「自分自身」という
自分にはむかい(笑)歩むところに(笑)答えはなく(笑)、
いろんなことを、ものを体験し、経験し、
己を己で知ってゆく旅が(笑)
いかに重要なことかと、いうことも
ふんだんに知ってゆく旅となりました。(笑)
それも、素敵な、旅の時間旅行であります。(笑)

自身を知ってゆく旅が、いかに、重要で、しあわせを生むかと
いうことをも、ふんだんに(笑)味わっております。

 

この期間、熊野大社のお話をさせていただいた方が
幾人か重なりましたので、あらためて、ご紹介させて
いただきたいと思います。(笑)

 

 

chiemitabi

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 chiemitabi

Scroll Up