chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

発見と視点

いかがお過ごしでしたでしょうか。

12月も、今年も、終わろうとしております。

どのような一年でしたでしょうか。

あっという間の「いちねん」でしたでしょうか。

様々な事柄や、様々な出来事や、
様々な物事や、様々なはからい、からも
様々な「出会う」ということを頂戴した一年に在りました。

 

発見と視点を見いだし、
また、さらに、片づけと、調整と、整理と、スペースと
シフトされる「この」ときを。
様々な側面や、一面から、
様々な方向から、一面から、見せられる、視る、観える
「この」とき。
すべてが、まえに、さきに、すすむ、向かう「とき」の
道のり、過程、道中で「在る」ことに過ぎないことを
実は、だれもが、知って「いる」かのように思います。

 

この年末、年始と、さらに、片付けと調整と整理と
スペースと、とき、と
どのように、あるいは、どこへ、どう、どこに、使うのか、
といったことへも、ことにも、
豊富な一年となりますでしょうか。

 

 

chiemitabi

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up