chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

しゃがれ具合と豊かさ



このしゃがれ具合を、普段、日々のなかで、四季折々のなかで
この「感覚」を見せていただく、感じさせていただく、
「こと」が在ります。



私はこのしゃがれ具合も、なかなか乙なもので、日常のなかで
目に触れさせていただくなかで、また、感じさせていただくなかで
わたしを、にんまりと、
させていただく節々で在りますが。(ほほえみ)

車で走らせていただくなかでも、車窓から見える、眺める、眺められる
四季折々のなかにも、感動を味合わせていただく品々?(笑)空気感を
なんともいえないほほえみが生まれることも多々あります。
ありがたい、ことです。




その一年を通した、感覚は、奥深く刻まれゆく、ゆこう、ことかとも
思っています。(笑)










「自然」のなかから、自然から、さまざまな、ことを、ものを、
教わっています。(にんまり)

しゃがれ具合もふくめ、その、奥行と奥底と、ふくみと、あじわいと
色あいと、この人生をかけて、色味を醸し出してゆけますことを
ほんのりと、自身を、願っているところであります。



皆様にとりましても、深き広き善き一年でありますように。

chiemitabi



次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up