chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

シフトされゆく感、されし感、とそれぞれに

いかがお過ごしでしたでしょうか。
今朝も朝ぼらけのなか、さまざまな色あいを
見せていただきましたでしょうか。今朝もうっすらと
雪景色を拝見させていただいております。

 

そうしたなか、この数日、あるいは、この4月と
様々な様相を見せていただく、この時期に在りましたが
皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

そうしたなかで、在りし日々のなかで、
いちにち、いちにち、あるいは、一瞬、一瞬、の色あい
また、自身の模様を拝見されておりましたでしょうか。

 

なかなか(笑)面白い自身と、またちがう(笑)自身とも
合わせた自身との(笑)日々でしたでしょうか。
すこしづつ、すこしづつ、
ちいとづつ、ちいとづつ、(笑)薄まりつつ、ありましたでしょうか。

シフトされゆく感と、されしゆく感と、される感と、
シフトしてゆく感と、されし感と、する感と、

という道のりも、あるいは、流れも、風をも感じ
歩ませていただいておりましたでしょうか。(笑)

 

「シフト」という言葉のなかでも、一文字が
「ちがう」なかでも、自身の、情景や状態の、「ちがい」を見せ
自分自身をも、見せてくださいます一部分の人間力でありますが。(笑)

 

 

こうした朝ぼらけのように、佇まいを、自身の流れを
風を、また、まわりの風も、味わい、拝見しながらも
自身の軸、あるいは、相手の軸、まわりの軸をも
捉え、絶妙な「とき」と「エネルギー」とを感じ
受け取り「ゆく」動き「ゆく」作業をも、
営まれておりましたでしょうか。

 

そうした感も、
おひとかた、御一方、
それぞれに「ちがい」がありますが
そうした「ちがい」を楽しめる大人(笑)になってゆきたいと
私自身、思っているのも「事実」であります。
これは、人間力の一部分ではありますが、わたくしにとっての(笑)
永遠のテーマとも云えます。在ります。(笑)

 

「ちがい」といいましても、ひとりひとりの一部分でありますので
全体から見ましたら、見てみましたら、「ひとつ」という
伺えかたで在りますでしょうか(笑)。

 

いろんなことを、教えてくださいます、見えるサポート。
見えないサポートとの間に感謝いたします。

 

 

chiemitabi

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up