chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

ラジオという経験を通して

あらためまして、先日、加藤マチャアキさんのラジオ番組の出演の
機会、経験をいただき、ありがとうございました。

 

また、わたし自身が、ホームでの告知も前々日?前日といった
急遽でありましたところ
お聞きくださった方、ラジオの前で待っていただいた方、また、
その後、連絡をくださった方、ありがとうございました。

そして、マチャアキさんの番組のリスナーのみなさん、
その番組を聞かれ、
このホームに辿りつかれました方々、当日は、あたたかく、
迎え入れていただき、ありがとうございました。

 

そうしたなか、この出演の機会にも、また、「そこ」に行き着く経験
までにも、様々な点座が存在しておりました。

ひとつ、ひとつ、の点が、少しずつ、少しずつ、
あるいは、自然の道のりへと、感じながら、また、
歩かしていただきながら、おりましたでしょうか。

そして、お話を頂きましてから、選択する、してゆく道にも、
「自身」ということにも、相成ります。(笑)

 

 

そうしたなかでも、このたび、奥底の、奥底で
感じる感覚で動かせていただいておりました。

 

マチャアキさんの面白さは、わたくしの紹介のオープニングからも
伺えておりました。

「置賜の市原悦子さんでもあります、chiemitabiのちえみさんです。」
といった表されたことも、マチャアキさん独特な表現。
それにも、おもしろく、ほほえましく。(笑)

そして、ふだん、目にみえる活動事業などの紹介がおおいなか
わたくしの存在にも(笑)、
面白く、ほほえましく、受け取らせていただいております。(笑)

 

また、つづいた紹介にも、
「メッセンジャーでもあり、かつ、フリーランサーであります
ちえみさん。」と
ご自身が受け取ってくださって「いる」紹介をも含まして(笑)
紹介いただきました。

まさに、ライブ感満載で、マチャアキさんのとらえる、とらえられる、
感覚も、感性も、わたしにとっては興味深々のところで、在りますが(笑)
ライブの面白さを、経験をいただいて参りました。

そうしたなかにも、骨組みや、基礎、あるいは、基本、基盤は、
必要ということも、ここで、教わります。

 

 

マチャアキさんには、

見えるところだけでない(いや(笑)見えるんだけど。
見えているんだけど(笑))そうしたところを、教わります。

 

 

そして、もうひとりのゲストの雅子さんですが
その当日まで、どなたとご一緒なるか(笑)わかりませんでしたが

ラジオお聞きの方は、あらましご存じかと思いますが
そうなのです。雅子さんとは、十数年前?から、不思議と、
必要な際に、お会いさせていただく方でありました。
この雅子さんとご一緒とは、ふたりでたまげた(笑)
(方言でおどろいて、笑いあっておりました。)

その雅子さんの存在も
わたしにとって、面白い存在で、とても、おおきな
そして、奥底で、伝わりあえる存在の方でも在ります。

 

その御二方のなかで、初体験をさせていただいて参りました。
過ごさせていただきました空間、時間は、
「溶解」あるいは「容認」の エネルギーの空間のなか、時間をともに
させていただきましたこと、深く感謝申し上げます。

 

それぞれが、ちがう立場で、また、ちがうところで、
またちがう、得意な(笑)ところで、
こうした溶解のなかで、過ごす時間というものも、創りだす創生さを
楽しませていただいて参りました。

 

 

そして、番組のリスナーの皆さま、そして、
わたくしのホームから、お聞きくださった皆さま、
あらためまして、ありがとう。ございました。

 

そして、あらゆる角度から、貴重な経験をさせていただき、
誠に、ありがとうございました。

 

 

chiemitabi

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up