chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

自然の、自然のなかの、なかで、出会う。

出会いにも、人、物事、流れ、状況、とさまざまなこと、ものと、
広範囲に、様々な領域から、
伺える、捉える、捉えられる、伺えられることが在ります。
また、出会う物事にも、さまざまな要件もあり

 

そうしたなか、今日は、ひとつの出会いの「ひとたち」から
綴って、綴らせて、いただいております。

 

実は、昨日、マルシェ?市?に
キッチンばぁば(笑)さんたちの初デビューに、おじゃまさせて
いただいてまいりました。わたしが着いた頃には、売り切れ状態で。

あっ、デビューお祝いの品々を(笑)忘れてしまったので、
笑顔と笑い声を、お届けに参りましたーと( ´艸`)

この方々は、わたしが、前職で、お世話なりました、
あるいは、刺激を頂きました方々で
今回、発足し立ち上げられ、相も変わらず、わたし自身への
刺激と、喜びと、ほほえみと(笑)、味合わさせていただいております。

バウンドケーキをいただきますと、濃い、濃い(笑)

中身の濃い、創る方々の(笑)反映されたかのように(笑)。
あったかさの宝庫でした。コンセプトが、ひしひしと伝わり、
相も変わらず、肝と一筋を見せていただき、ほほえましく、
にやけて、過ごさせていただきました。

 

 

そして、もう「ひとかた」
昨日は、ある場所へ、奥底で、感覚で、受け取らせて
いただいており、そこにも向かわせていただいておりました。

すると、なんと、久しぶりにお会いさせていただきました
Hashigoya(ハシゴヤ)さんが、マルシェにでておられ、
まさか、ここで(笑)お会いするとは、思いませんでした(笑)
でも、実は(笑) 浮かんではおりましたが

まさか、この日に(笑)とは思っておりませんでした。

その彼の作品ですが、あれ~(笑)作風変わられましたね。と
ほほえんでおりましたら、お久しぶりにお会いしたので、と
ギフトを(笑)頂だいしまして、そして、

深い?(笑)お話と、澄んだお話をさせていただいて参りました。

 

ガラスに文字を入れたり、あるいは、ガラス細工を創られております。

ほほえましい「ひととき」と、また、自然のながれで、なかで、
時間を過ごさせていただきます「とき」に感謝いたします。

 

 

 

chiemitabi

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up