chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

意識のなかで

今週は、さまざまな「こと」内容とがぎっちり(笑)の日と
ゆる~い日と交互に起こって「いた」週でも在りましたで
しょうか。

あらためて、さまざまだなあ、と思う、思えた日々
でしたでしょうか。

 

そうしたなか、これまで進まなかったことが、進ましてくださった
ことも在り、少しずつ少しずつ、これまでの役割が終えようとして
「いる」さまを、眺めゆきます自分を、ほっとした面持ちと
よくやってきた自分とをあわせもち、
感慨深いものの歩み方を味合わせていただいております。

と同時になかなか進まないこと、もあったりと(笑)
これも、ゆくゆくと、姿、かたちを替えて(笑)すすんで
すすましてくださることでしょう。

これも、すこしはなれして自身を、俯瞰し見させていただく
機会も頂だいさせていただいております。(笑)

 

また、さらに(笑)そうしたなか、

今週は、前職の分野の方々、所属は別々の方々と
機関は別々の方々と
お会いする、お話をする、させて頂く機会が集中していた週でも
ありましたでしょうか。(笑)

 

そうしたそのなかで(分野)仕事をされる方と、わたくしのように(笑)
そのなか、枠から、外れた、外した「位置」で活動を行う、
行わせていただく方と(笑)
合わせもって、成り立って「ゆく」存在してゆく、ゆけることが
在ることも、わたしのなかには存在しております。

なかにいて、存在してゆけること、ゆくこと。
なかから、外れて、動いてゆけること、ゆくこと。が
個人的にも、全体的にも
在るように、思います。

それぞれに、お話をさせていただきました。お話というよりは(笑)
思い(笑)でしたでしょうか。(笑)

 

個人的にですが、その枠(分野)のなかであろうと、
その枠(分野)から外れて、外していようと、
どこか、「意識」がつながって「いる」「いたら」
つながりって、絆って、強いんじゃないかなとも、
思っていることも、と笑いお話しをさせていただきました。

思いを馳せていただきまして、ありがとう。ございます。

 

またちがった(笑)角度から側面から(笑)ありましたら
是非(笑)

 

 

chiemitabi

次へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up