chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

さまざまな道のり

7月も終わりを迎えます。今日、一日を
どのように、過ごし、過ごさせていただきましょうか
自身の「こころもち」を(笑)

 

さまざまな物事、こと、もの、と、こうして振り返って
みますと、みますれば、たいそう

この数か月、さまざまなこと、さまざまな流れと、凄まじく(笑)
夥しく、それでいて、清々しい、一面も(笑)、営み、育み、
こられたでしょうか。いっぽ。一歩。
あるいは、ひと泳ぎ。一泳ぎ。(笑)

自身の(笑)深いところ、ものをも(笑)、見せていただく、
あるいは、こうした根底から、自身の行動の背景も(笑)
みたり、みせていただいたり(笑)、そうしたまれにみる類も、
自身を知る喜びを(笑)
じっくりと(笑)、自身を受容、容認へと導いてゆきます。(笑)

そうしてゆきますと、
また、ちがった「自身」と毎日が、出会います。

じわじわ、となので、微動多となので、はっきりくっきりと
わかるまで、みえてくるまで(笑)、時間がかかるのも(笑)
特徴でありますが

面白いメカニズムとも思っております。(笑)
そして、さらに、
素晴らしきこと、もの、目覚めるところとも出会えるでしょうか。

 

自身と出会ってゆくtabi(たび)は、そうした隠れていた
隠していたことも、部分もあきらかになってゆく部分も
明るみに自身を輝かせてくださる賜物と
語り続けて(笑)「いる」ところも、わたしの(笑)特徴で
在ります。(笑)

 

こうした「道」は、ひとりひとりが「ちがい」
行程も、内容も、道のりも、対処も、
異なりを見せてくださいますが、
そうした「ちがい」も、わたしは、素晴らしき人生とも、
受け取らせていただいております。

 

さまざまな自身とも出会いますが、それでも、(笑)
そうしたなかにも、愛着のある、愛着をみせる(笑)
自身を見せてくださいますでしょうか(笑)。

 

 

 

chiemitabi

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up