chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

開門です。

これまで、chiemitabi前編を歩かせていただいて、きました。

このたび、chiemitabi後編を歩かせていただいて、おります。

自分を受け容れ、受け容れたところから、道は、門は、
開かれしゆくことを。始まりしゆくことを。

 

chiemitabi

 

 

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up