chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

過程

過程を楽しむ。

そうした類を観ることを好む「自分」がいる。
また、そうした過程を観ることを、できることも、賜物。

そうした、ありかた、を好む「自分」がいる。

 

ゆっくりと、じっくりと、
「とき」を経て、ひとつ、ひとつ、開花してゆく、開花する
「自分」を観ることを好む「自分」がいる。

 

 

chiemitabi

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up