chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

「春」の「雪」

「春」の「雪」。と題して「いる」わたしでありますが
まだ「ゆき」が降り、舞い降り、積もる、ことが「ある」
今日このごろで「あり」ますが

毎日、雪に「触れて」おりますと、
雪の「質感」が、変わって「きた」ことを、感じています。

 

どこか~真冬の「雪」の「質感」
舞い降りる「ひとつ」「ひとつ」の「ゆき」が
変わって、変わりつつ、「ある」ことと、
ともに、過ごし
春らしい「雪」を感じ、
ほほえましく、日々を過ごして、過ごさせて、「いただいて」おります。

と同時に、雪が解けだすことと、氷点下とが、合わさることで
気をひきしめ「ゆく」ことも、同時にこの時期、
教えて「くださって」います。

 

今日は、暦のうえで「雨水」とありますが
ほんとうに、これまでの、「冬」の「雪」と、
とけぐあい、が
ちがい、

古代の方々は、肌で感じ、肌で触れ、肌で覚え、肌で知り、
肌で記して「こられた」ことが
随所々に、教えて「いただく」ことが多々「あり」ます。

変わること。変わってゆくこと。変えてゆくことも「あり」ますが
変わらない。変わることがない(笑)ことが「ある」ことも、密かに(笑) 教えて「いただいて」おります。
「自然」という「こと」から
たくさんの教えを「いただき」ます。

教えて「いただいて」ありがとう。ございます。
そして、みなさまのもとへと。運ばれしゆくことを。願いまして。

 

旅(人生)の空から大地から

たかはしちえみ

 

 

 

 

 

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 chiemitabi

Scroll Up