chiemitabi

大いなる懐にて抱かれし、真我の道を歩む成りけり

玉庭ひなめぐり

玉庭ひなめぐりに、足を運ばせていただきました。
奥深いやまやまにむかうなかで、まだ、辺りには、雪が
奥深く残っておりました。

ひなめぐりには、七か所をめぐりますが
その手形には、小学生が、ひとつ、ひとつ、書いてくださった
手形を首にかけて、車でめぐります。あったかい、スタートです。

ひなをめぐらせていただいて、共通してひなさまたちから、
よくきてくださったこと。どこに行っても
伝えてくださっておりました。そして、
あたたかく迎え入れてくださったこと。
感謝申し上げます。

そして、行く先々で
その土地の方々が、地元の郷土料理や山菜料理、お茶、お菓子など
それはそれは、たいへん、「貴重な」食材と、お料理と、
保存食と。お話しをさせていただきながら、
至るところで、取り皿と、お茶を。
ここでも、はあ~~~~~~っと。


はあ~~~~。奥深いやま、ゆき、のなか、
とっても、あったかい、ひととき、でした。
そこで、はじめて、出逢った方々とも、ご一緒になり、
話したり、笑ったり、と。

県知事の吉村美栄子さんも、みえていらっしゃって、
どこか、わたくしは、ほっとした、あたたかさ、を受け取っておりました。
よく、現場に、現地に、実際、向かわれるお姿を
ときどき、拝見させて、いただいて、おりますが
こころづよい、そして、わたし自身には、そのお姿から、
励ましを受け取らせていただいております。

 

すべての、あたたかさ、に、感謝をもうしあげます。

はじめて、向かわせて、いただきましたが、
おすすめの、おひとつにさせていただきます。

ありがとう。ございました。
そして、土地の方々。お疲れさまと、ほんとうに、
ありがとうを添えまして。感謝申し上げます。

 

たかはしちえみ

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 chiemitabi

Scroll Up